キャッシングをしなければならなくなった事情

女性

本当にお金に困っていたんです。私は専業主婦でした。始まりは、景気の悪化で、会社の業績不振、夫がリストラの対象にされたことからです。ある日、会社を辞めることになり、今まで月に25万円ほどの収入があったのですが、なくなってしまいました。

 

そして、就職活動をしてもなかなか再就職先が決まりませんでした。我が家は2年前に家をローンで購入したばかりで、月に8万円の支払いがまだ25年も残っていました。私もパートに出るようになり、その収入と雇用保険の支給金は、食費などの生活費に消えてしまいました。

 

貯金も底をつき、どうしようもなくなっていたところ、キャッシングを考えるようになっていたのです。クレジットカードのキャッシングをしてみたところ、意外に簡単でした。しかし、キャッシングを何度もしていくうちに返済できなくなり、消費者金融のキャッシングにも手を出すようになってしまったのです。借りては返済、それを繰り返すうちに雪だるま式に負債が増えていきました。気付けば、300万円もの借金に膨れ上がってしまったのです。

 

これではいけないと実家に相談をし、一時的に返済金の300万円を借りることにしました。とりあえず、金融業とは離れることができたのですが、これからは実家に返済をしていくことになります。まだまだ生活は苦しく、大変な日々が続くことでしょう。

 

キャッシングをするに辺り、審査に通るかどうか不安だったため、信用情報機関の1つCICで自分の信用情報を取得してみました。自分の借入状況が分かり、特に異動も無かったので良かったです!